「簿記・公務員・医療・情報」に強いO-HARA

学校法人 富山大原学園 | 富山大原簿記公務員医療専門学校 | 資格の大原・就職の大原

TEL.076-471-6681
お問い合わせ
資料請求

複式簿記とAI 簿記クラス

2018年09月20日

富山大原学園理事長・校長の増田正夫は、複式簿記とAIについて考えました。

AIの発明により多くの仕事は、人間に替わりAIがするとのこと、なんて素晴らしい時代が来たのか、しかし同じAIであれば、その優劣はどうなるのか、なんてわからないこともありますね。

さて14世紀、ルネサンス当時のイタリアのヴェネツィア商人が使用していたヴェネツィア式簿記(複式簿記)はロボットではなく、経済活動の記帳方法なのですが、どんな企業でもどんな国でも財政状態と経営成績をあらわすことができます。

21世紀の今日でも使われ、人間の手作業の代わりにパソコンを使用し、その結果多くの労力を必要としなくなりました。その仕事の意味するものは、AIに似て企業の財政状態と経営成績を示し、人間に間違いのない意思決定の判断材料を提供し、人を幸せにするものです。

さて、その簿記を富山大原で学習するクラスを紹介します。
11月に簿記1級・2級を受験するクラスです。


簿記2級の担当者よりメッセージをもらいました。

こんにちは!簿記2級クラスです。
私たちは事務職や営業職を希望職種に、みんなが「お金の流れ」を理解するために簿記を学習しています。
全員合格するぞー!

ビジネスライセンス系のオープンキャンパス申込みは こちら

資料請求

お問い合わせ