「簿記・公務員・医療・情報」に強いO-HARA

学校法人 富山大原学園 | 富山大原簿記公務員医療専門学校 | 資格の大原・就職の大原

TEL.076-471-6681
お問い合わせ
資料請求

はじめに

理事長 増田正夫学校法人富山大原学園は、平成12年4月に学園経営がスタートしました。よく東京の大原学園との関係を聞かれますが、大原グループの一員であります。しかし、資本関係や債務保証関係があるわけでは、ありません。理事も富山県在住者のみです。私自身は、上市町在住であり、東京の大原学園で税理士科主任を最後にふる里富山に帰り、昭和51年6月~平成2年3月まで、富山市や金沢市で簿記教室・税理士教室を開講し、多くの税理士を輩出致しました。平成2年4月に富山市呉羽町において、個人立の専門学校を設置し「富山大原簿記専門学校」を開学致しました。平成8年4月より校名を「富山大原簿記法律専門学校」に変え、公務員任官者輩出にも力を入れはじめました。

少子化時代に向けて、学園の財務基盤を堅固にするためそれまでの個人立から、学校法人富山大原学園の認可を得て、学校経営を法人に引き継ぎました。

平成27年4月より、校名を「富山大原簿記公務員医療専門学校」に変更し現在に至ります。

なお学生が使用する教材は、全国の大原と同じであり、成績管理や出欠席・就職のデータは、弊学園と大原学園の両方で管理し、情報交換や教授方法の確認を行っています。

また、イベントのうち大原スポーツフェスティバルは、関西圏合同の大阪大会に参加し、スポーツチャンピオンズカップは、福井・金沢と合同にて金沢で行っています。

一年次の菅平研修は、大原学園菅平研修所を使用しています。

富山大原学園の発展は、教育に挨拶を取り入れたことに起因しています。学生にもそれに気付いてもらうことを願うとともに、これからも新設学科を検討していますが、全ての学科に学ぶ学生が、その学科のみならず他の学科の学生をも尊重するように育てたいと考えています。すなわち、学生は、どの学生もオンリーワンであることを誇れるようにしていくことを強く願っています。

学校法人 富山大原学園 理事長 増田正夫

校訓

感奮興起